Press release(2020.09.29)

欲しい乗り物をイメージしたポーズを撮影するだけで、体格や乗り方に合ったパーソナルモビリティをデザインできる新しいpoimoをプレスリリースしました。この研究内容はHCI分野の国際会議 UIST 2020 で発表されます。

We released our new poimo, which allows users to design personal mobility tailored to their body and riding style by simply taking a picture of the riding gesture they imagine. The research will be presented at UIST 2020, an international conference in the field of HCI.

Press release: Kawahara Lab mercari JST



about poimo

poimoはパーソナルモビリティとソフトロボティクスの技術を組み合わた、人が持ち運べるくらい軽く、やわらかく安全で、どこでも乗り降り可能な新しい電動モビリティです。公共交通機関と目的地をシームレスにつなぐファーストマイル/ラストマイルを担うことを目的としています。インフレータブル(空気圧)構造によりボディを軽量化し、本用途に適したワイヤレス・バッテリーレス構造を無線給電グループと協力して開発しています。

poimo is a new mobility combining personal mobility and soft robotics technology, which is soft, safe, and lightweight enough for people to carry. Users can ride it on and off anywhere. This mobility aims at supporting the first mile / last mile and connecting public transportation and destinations seamlessly. To reduce the weight of its body along with its inflatable structure, we have developed a wireless / batteryless powering system suitable for this mobility in cooperation with the wireless power transfer group.



Concept

Portable

持ちはこびできる

Soft & Lightweight

やわらかく、かるい

Anywhere

好きな場所でつかえる



about us

poimoは、東京大学の川原研究室と新山研究室、そしてmercari R4Dの共同研究プロジェクトです。アカデミックなシーズ研究からその社会実装まで、様々なプロジェクトを展開しています。

poimo is a joint research project between Kawahara and Niiyama laboratories at the University of Tokyo, and mercari R4D. We are developing various projects from academic seed research to its social implementation.



Contact

Kawahara Laboratory Press:
info[at]poimo.jp